精力剤とED治療薬 バイアグラやレビトラ、健康食品など

ウィークエンドピル 缶の中につまっている

シアリスとは、ED治療薬のひとつである。
バイアグラ、レビトラに続いて日本では三番目に認可された薬として認知されている。

シアリスの特徴は食事に影響されない、持続時間が最長36時間という点にある。
特にこの持続時間は大きなメリットであり、海外では週末を1粒で乗りきれるという意味を込め「ウィークエンドピル」と呼んでいる。

しかし最終的には個人の体質と精力剤・治療薬の相性で服用するものが決まる為、必ずしも他の精力剤が劣っているというわけではない。

先述したようにシアリスは持続時間が長い、食事の影響を受けないという特徴がある。

バイアグラやレビトラの場合は、特に油物などを摂取すると効果が半減するとされている。
その為食事を摂取しない状態での服用が推奨されているが、シアリスは油物を始め、ほとんどの食事の影響は受けないのである。

アルコールに関しては、多少影響を与えるというケースが存在するがこれも個人差が激しい。
ちなみに薬を摂取している間はアルコールの摂取は控える事が多い。これは効果の半減だけではなく、逆に効果が強くなりすぎるケースも存在する為である。


ED薬 薬で治療している

バイアグラは、世界初のED治療薬である。これまでED治療の根本的な方法はなく、民間療法的な手段が試されていた。医薬成分によってED治療が可能になったのは、バイアグラが初めてである。
開発は1998年、アメリカのファイザー社による。現在に至るまで愛用されている、もっとも知名度の高いED治療薬である。

服用すると、力強い勃起が実現できると言われ、精力剤としても評判が高い。しかし、あくまでED治療薬が本質であり、精力増強効果は副次的なものである。

有効成分はシルデナフィル。当初、シルデナフィルは狭心症の治療薬として研究されていた。臨床試験の際、男性機能の向上が認められたために、後にED治療薬に転用された。同様に狭心症の医療薬として使用される硝酸塩薬との併用は、禁忌とされている。

性行為1時間前に服用することで効果を発揮する。血管が拡張され、血液量が増加することによって勃起が促される。
しかし、精子量が増えるわけではなく、また性欲の増進効果もない。あくまでEDを治療し、性機能を向上させるために用いられる医薬品である。

レビトラは、二番目に研究、開発されたED治療薬である。
開発は2003年、ドイツのバイエル社から。国内でレビトラが発売されたのは、2004年の6月からである。

バイアグラよりも強い効果が発揮されると言われている。即効性が高く、10mgで10時間程の持続する。

レビトラの主成分はバルデナフィルである。吸収が早いために、服用後わずか数分で効果が現れる。一般的には、性行為30分前が望ましいと言われている。

バイアグラと同様、精力の増強効果は認められない。精子の量が増大することもない。
しかし、男性の性機能はメンタルに著しく左右される。レビトラを服用し、男性機能が向上することによって、精神面への精力増強効果が見込める場合もある。
医薬品の使用とその効果には、個人差がある。体質によって、薬効成分が上手く働く場合と働かない場合がある。
また、副作用が生じる場合もある。副作用の程度、症状なども個人差によって異なる。

ED治療薬として利用される薬に見られる副作用は、主に血管の拡張作用に関連するものである。
全身の火照り、頭痛が代表的なもの。その他、めまいや吐き気などが起こる場合があるという報告もある。一部では、視界の異常が見られる利用者もいる。
いずれの副作用も、服用を辞めて一時間ほど安静にしていれば収まる。

重篤な副作用としては、硝酸塩薬との併用による血圧の急激な低下がある。併用した場合、死に至る危険性がある。
また、効能が持続しすぎるために、性行為後も勃起が収まらない持続勃起症も少数ながら確認されている。4時間以上、勃起が継続する場合は、神経や組織が損傷する恐れがある。ただちに医師の診断を受け、適切な処方を行う必要がある。

性機能の低下 健康食品を利用する

男性の性機能低下には様々な理由がある。主に加齢などの自然要因、糖尿病やEDなどの病的要因がある。

一般に、男性の性機能は50歳を境に低下すると言われている。個人差や環境によって低下し始める年齢、症状の進行度は異なる。
男性の性機能には、男性ホルモンの分泌量や神経系の状態など、様々な要因が相互に関係している。加齢と共に肉体が劣化し、それに伴って性機能が低下することは自然の摂理とも言える。
また、高齢になるにつれて、前立腺肥大症や前立腺がんなど、男性器に関係する病気に罹患する恐れが高くなる。

また、年齢に関わらず、糖尿病や高血圧症などの病気を患うことでも男性機能は低下する。近年では二十代、三十代の生活習慣病の罹患率が向上している。それに伴って、比較的若いうちから男性機能に問題を抱える男性も増えている。

性機能の回復は、原因症状に応じた対処療法を行うことが肝要である。精力剤は性機能回復の一つの方法であり、万能なものではない。

ED(英:Erectile Dysfunction日:勃起不全)とは、男性の性機能障害の一つである。勃起が出来ない状態だけではなく、長時間維持させられない場合も指す。
日本性機能学会では、「満足な性交渉をするために充分な勃起を達成できない、または維持できない状態」をEDと定義している。また、「通常性交のチャンスの75%以上で性行できない状態」もEDとみなされる。
しかし、これらの定義は非常に曖昧で、厳密にEDを定義しているとは考えられていない。EDは自覚症状によるところが大きいため、上記条件に該当していなくてもEDの自覚を持つ男性もいる。

EDには器質性と心因性の二種類の要因がある。器質性は肉体的な要因によるED、心因性は精神的な要因によるEDと大別される。
また、いずれの要因であっても、PDE-5と呼ばれる酵素が原因とされる。

ED治療薬として知られるバイアグラ、レビトラは、PDE-5阻害薬である。その名のとおり、PDE-5の働きを阻害してEDを治療する薬である。
バイアグラ及びレビトラは、体内のPDE-5の働きを阻害する医薬品である。どちらも日本国では医療用医薬品に認定されている。
医薬用医薬品に指定されている医薬品は、一般用医薬品とは購入手段が異なる。医療用医薬品は医師の処方箋を受けなければ入手できない。これは医薬品の使用に際して、安全性を考慮しなければならないためである。特にバイアグラやレビトラなど、男性機能に関する医薬品には前例があるため、熟慮が必要である。

バイアグラは1998年にアメリカで開発された。世界初のED治療薬であるとして、個人輸入という形で日本でもすぐに流行した。
個人輸入であったため、医師から適切な使用法について指導を受けることができなかった。そのため、服用した高齢者のうち数人が死亡する事故が起きた。バイアグラは、ニトログリセイン等の硝酸塩薬との併用が禁忌であったが、当時は知られていなかった。
このため、医師の診断と処方箋が必要となる医療用医薬品に認定された。審査を経て承認されるまでのスピードが異常に早かったのも、需要と危険性の高さゆえである。



自然由来

ビンが空になる

ED治療で精力を取り戻してみませんか?改善に必要な治療薬の処方も、専門医への相談によって行ってくれるので便利ですよ。

製造場所の違いで感度が違うため排卵検査薬が欲しいと思ったら、良く選んでから購入する必要があります。きちんと選ぶことで使い勝手も変わります。

一般食品に該当する精力剤は複数ある。中でも知名度が高いものに、スッポンやマムシ、オットセイなどが挙げられる。

スッポンは非常に高い滋養強壮効果があり、男性機能を向上させると言われている。亜鉛やビタミンBなど、有益な栄養が豊富に含まれているため。
マムシには高い滋養強壮効果の他に、血行を促進する効果もある。豊富にアミノ酸を含んでおり、体内環境の改善効果がある。マムシ成分を配合した「マムシドリンク」は、精力剤としてよく知られている。
オットセイの筋肉には、カロペプタイドと呼ばれるタンパク質が豊富に含まれている。この成分は、末端部の血管を拡張させる作用がある。血管の拡張に伴って、男性器の機能が向上する。また、オットセイは性欲旺盛な生物としても知られる。繁殖期では、一ヶ月ほどかけて盛んに性行為を行う。精力絶倫のシンボルとしても見られている。

精力剤には、バイアグラやレビトラのように医薬品に分類されるものと、サプリメントにあたるものとがある。医薬品の場合、副作用の可能性があるもののその効果は高く、精力剤というよりED治療薬としての目的が大きい。

サプリメントは、医薬品のように高い効果を即時得るためのものではなく、体にとって有効な成分を補給することで徐々に体質を改善し、男性機能を強化することを目的とするものである。

サプリメントには、シルデナフィルのような薬効成分は含まれていない。すっぽんやマカ、オットセイといった自然由来の成分を多く含み、亜鉛やアルギニンなどの血流の促進などに高い効果を示す栄養素も多く含む。

ただし、栄養素の場合、天然のものではなく合成して作られた栄養素が用いられていることもある。合成された栄養素よりも天然の栄養素のほうが吸収がよく、体への効果が高い。そのため、サプリメントを選ぶ際には原材料名に食品や植物などの栄養素の源となるものが明記されているかどうかを確認する必要がある。これは、合成された栄養素を使用している場合、食品名などではなく栄養素名を直接記載せねばならないためである。

年齢や疲れなどにより、勃起不全になりがちな男性は、シアリスを利用してはどうでしょうか?服用には注意も必要ですが、大半の方は満足な結果を得ることが出来ます。

オススメリンク